スターマン/愛・宇宙はるかに

評価
★★★☆☆ 3
公開
1984
製作国
アメリカ

作品概要

ジョン・カーペンターによるSF映画。

スタッフ・キャスト

公開
1984年
製作国
アメリカ
監督
ジョン・カーペンター
脚本
ブルース・A・エヴァンス、レイノルド・ギデオン
製作
ラリー・J・フランコ
製作総指揮
マイケル・ダグラス
出演者
ジェフ・ブリッジス、カレン・アレン
音楽
ジャック・ニッチェ
撮影
ドナルド・M・モーガン
編集
マリオン・ロスマン

感想・レビュー(ネタバレあり)

「トロン」のジェフ・ブリッジス主演。作品テイストはやわらかいほのぼのしたものに仕上げることに成功している。物語や台本はマンガ的で細かいところまでは作り込まれておらずにかなり雑。言葉を覚えていくプロセスはもっと丁寧に描くこともできたんじゃないかと思う。

ジェフ・ブリッジスの無機的でもあり可笑しくもあって憎めないキャラクターの演技が素晴らしい。一方でヒロインのカレン・アレンはセクシーなのは良いとしても演技に癖があって作品のテンポを変えてしまっている。彼女が何かを見つめているという長めのカットが多いせいかもしれない。科学者役のチャールズ・マーティン・スミスは雰囲気に少しコメディー色が強かったかな。

すぐに銃やミサイルをぶっ放す警察や軍隊の血の気の多さはギャグなのか。

音楽は作品後半で感動の押しつけ感があったのでもう少しバリエーションを増やして欲しかった。

ジョン・カーペンターの作品一覧3