狼と香辛料II

評価
★★★☆☆ 3
公開
2009

作品概要

支倉凍砂のライトノベルを原作とする高橋丈夫監督によるブレインズ・ベース、マーヴィージャック制作のファンタジーアニメ。『狼と香辛料』テレビアニメの第2作。

スタッフ・キャスト

公開
2009年
原作
支倉凍砂
監督
高橋丈夫
脚本
荒川稔久
キャラクターデザイン
文倉十(キャラクター原案)、小林利充
出演者
ホロ:小清水亜美、ロレンス:福山 潤、アマーティ:千葉紗子、マルク:小山力也、ラント:笹島かほる、ディアナ:渡辺明乃、エーブ:朴 璐美、リゴロ:内田夕夜、メルタ:豊崎愛生
音楽
吉野裕司
アニメーション制作
ブレインズ・ベース、マーヴィージャック

感想・レビュー(ネタバレあり)

ホロとロレンスふたりの関係や台詞の掛け合いがメイン

シリーズ1期に比べると、作品は商売の駆け引きよりもホロとロレンスふたりの関係や台詞の掛け合いが占める割合が大きくなっている。ホロを好きな男性視聴者は、ふたりの会話の中で、自分ならロレンスと違いどう返答するだろうかなどと考えながら観てしまうのだろう。特に物語を動かさないで、ふたりが仲違いするようなこともなく、ほのぼのいちゃいちゃしてくれるだけでずっと観ていられるような気がしないでもない。

アマーティの物語とエーブの物語の2つのシナリオ

それでも今作には前半にアマーティの物語、後半にエーブの物語という大きな2つのシナリオが組み込まれ構成されている。

アマーティの物語は引きもうまくいっていて惹きつけられるものが多くあった。終わりはややあっさりし過ぎだっただろうか。離れていくホロに対してロレンスが良からぬ妄想をしてしまうのだが、そのあり得ない内容の妄想シーンに「シリアスな笑い」があって面白い。

一方のエーブの物語は導入こそ前半のトーンを引き継いでいたが、エピソードが進むに連れてシナリオの都合でホロとロレンスふたりの間にすれ違いを生じさせていく台本に少し無理があるような気がした。ラストが駆け足なのは作品のテンポを重視した結果だとしても、2期分観てきた最後が「俺たちの戦いはこれからだエンド」ではがっかりしてしまう。

ホロの声の演技と劇中音楽が冴え渡る

このシリーズ、なんと言っても最大の魅力はホロ(小清水亜美)の声だ。アニメ吹き替え屈指の名演キャラクターだろう。アマーティの物語でホロが泣くシーンでの演技も良かった。

また、劇中音楽のクオリティーがさらに上がっていて、使い方も絶妙だった。OP・EDも1期ほどではないがなかなか良かったと思う。

作画は1期ほど乱れがないとしても、キャラクターのデザインが少し変わっていて、ホロの目が少し丸く見えるようになっている。ホロのデザインは1期のアップの絵の鋭い目のほうが良かったかな。

狼と香辛料の作品一覧2

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です