ミチコとハッチン

評価
★☆☆☆☆ 1
公開
2008

作品概要

山本沙代監督によるマングローブ制作のアクション・ロードムービーアニメ。

スタッフ・キャスト

公開
2008年
原作
manglobe
監督
山本沙代
脚本
宇治田隆史
キャラクターデザイン
清水洋
出演者
ミチコ・マランドロ:真木よう子、ハナ・モレーノス(ハッチン):大後寿々花、アツコ・ジャキソン:坂井真紀、ヒロシ・モレーノス:津田寛治
音楽
アレシャンドリ・カシン
アニメーション制作
マングローブ
製作
ミチコとハッチン製作委員会

感想・レビュー(ネタバレあり)

物語や脚本が面白くないしキャラクターの行動原理や心理はわざと描写を省いているのか全く理解させようという気が感じられずにつまらなくてつまらなくて視聴がつらかった。声の演技もひどいしほとんどのキャラクターを好きになれない。声は台詞の多いミチコとハッチンふたりともひどかった。特にハッチンの声がキャラクターの年齢に合っておらずに最終話まで違和感を拭えない。わめいてばかりで言動も安定しないし声も相まって不愉快だった。最終話までの数話の物語は毎秒つまらなくて視聴中に自分の貧乏ゆすりが止まらなかった。

警察やメインキャラ以外のギャングの無能さにイライラする。この物語に不殺主人公は無理があるだろう。1,2話で使い捨てる新キャラ達は要らない。「キャラ付け」のためだけの残酷暴力描写が子供だまし。回想シーンの挿れ方のテンポが悪くてもっさり気味。

アニメの声に声優以外を使うキャスティング手法は声優を信頼していないようで好きではない。特別な演出意図があるならプロの声優に要望を出してやらせればいいのに。声で唯一良かったのはシンスケ(村上淳)で、名演と言っていいんじゃないか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です