マルドゥック・スクランブル

評価
★★☆☆☆ 2
公開
2010

作品概要

冲方丁原作小説の工藤進監督によるSFアニメ。

スタッフ・キャスト

公開
2010年
原作
冲方丁(早川書房 ハヤカワ文庫JA)
監督
工藤進
脚本
冲方丁
キャラクターデザイン
鈴木信吾、中井準
メカニックデザイン
大久保宏
出演者
ルーン・バロット:林原めぐみ、ウフコック=ペンティーノ:八嶋智人、ドクター・イースター:東地宏樹、シェル=セプティノス:中井和哉、ディムズデイル=ボイルド:磯部勉
音楽
Conisch(コーニッシュ)
アニメーション制作
GoHands
製作
マルドゥック・スクランブル製作委員会

感想・レビュー(ネタバレあり)

“中二病”的なティーン向けの物語やテイストが自分には楽しめずにイライラしてしまった。「ミレニアム(ドラゴンタトゥーの女)」が作品のモチーフのひとつなんだろうか。

ヒロインの声演技があざとくて嫌だ。ウフコックの八嶋さんの声も浮いているし、重要なキャラなんだから声優さんを使ったほうが良かったんじゃないか。

キャラクターデザインは特に良くないし、音楽もいまいち。EDは選曲を含め野暮ったい。

アクションの作画は体の動きが少なくてなんか変。美少女が棒立ちで銃を撃ちながら”無双する”作品なんて一部のオタクにしか楽しくないよ。

絵にグラデーションをかけた個性的で統一感のあるビジュアルは良かった。3部のカジノのシークエンスはまあまあだったかな。

なんにしろ特殊能力に説明も制限も無いので物語をじっくり楽しもうという気にはなれないな。

作品リスト

  • マルドゥック・スクランブル 圧縮
  • マルドゥック・スクランブル 燃焼
  • マルドゥック・スクランブル 排気

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です