カイバ

評価
★★☆☆☆ 2
公開
2008

作品概要

湯浅政明監督によるSFアニメ。

スタッフ・キャスト

公開
2008年
原作
湯浅政明・マッドハウス
監督
湯浅政明
シリーズ構成
湯浅政明
キャラクターデザイン
伊東伸高
出演者
カイバ:桑島法子、ネイロ:能登麻美子、ポポ:朴腎美、チェキ:藤村歩、バニラ:江川央生、クロニコ:斎藤千和、ひょーひょー:水田わさび、キチ:岩永哲哉、サテ:甲斐田裕子、ダダ:玄田哲章
音楽
吉田潔
アニメーション制作
マッドハウス

感想・レビュー(ネタバレあり)

レトロでポップなキャラクターデザインや作画が秀逸だし、壮大なサスペンスを予感させる物語の始まりに「夢見心地にさせてくれるような目くるめくSFファンタジー」を期待したのに、蓋を開けてみたら「他人が見た夢の話を延々と聞かされているような」退屈な作品だった。

序盤から会話がもたもたしていてテンポが悪く、男の娘や性描写・下ネタなど「見たいのはこれじゃない」映像が続く(TS物<性転換作品>の本来の面白さを出すためには元々のキャラクターの性格を視聴者に知らせていなくてはいけないのに、本作ではそれまで何の説明もなされていない得体の知れない主人公が性倒錯に見舞われるので全く面白くなっていない)。出会ったばかりの女性キャラたちがなぜか長々と自分語りや身の上話を披露してくれるあたりはさながらできの悪い萌えアニメのようだ(自然に身の上話をさせるには、たとえば人物たちが乗り物に乗っていて暇を持て余して会話をする以外に無いというような状況を作ってしまえばいい)。無駄な台詞が多いので会話の内容が頭に入ってこず、要点となる台詞もすべて聞き逃してしまいそうだ。物語やキャラクターの魅力を視聴者に伝えていく努力を完全に放棄していて、作品の大事な部分がすっぽりと抜け落ちてしまったような作風だ。7話からシリアス展開となるも物語を理解させる努力がまったく感じられないし、低予算の自主制作アニメのような雰囲気を醸し出しつつ中学生が頑張ってひり出したような物語を垂れ流し続けるこの作品の視聴を最終話まで消化していくのがただただ苦痛だった。

OPの映像で重ね合った複数のキャラクターの絵を目まぐるしく切り替えていく演出が出色の出来。劇中の音楽は悪くなかったけれど、音楽の使いどころが良いとはいえない。キャラクターデザインや作画は良いけれどエピソードによって線のタッチが変わっていて安定していない。第2話以降では冒頭にSF設定の説明が挿入されてしまっていて、せっかくの第1話の謎多きミステリアスな物語の皮切りが虚しくなる。

湯浅政明の作品一覧5

  • マインド・ゲーム
    2004
    ★★★★☆ 4
  • ジーニアス・パーティ
    2007
    ★★★☆☆ 3
  • カイバ
    2008
    ★★☆☆☆ 2 レビュー
  • 四畳半神話大系
    2010
    ★★★☆☆ 3
  • ピンポン THE ANIMATION
    2014
    ★★★★☆ 4

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です