亡念のザムド

評価
💣☆☆☆☆ 1
公開
2008

作品概要

宮地昌幸監督によるボンズ制作のファンタジー・アクションアニメ。

スタッフ・キャスト

公開
2008年
原作
BONES
監督
宮地昌幸
シリーズ構成
清水恵、野村祐一
脚本
宮地昌幸、清水恵、野村祐一、大野木寛
キャラクターデザイン
倉島亜由美
メカニックデザイン
橋本誠一(ザムド・メカニックデザイン)、山根公利、水畑健二(ヒトガタデザイン)
出演者
竹原アキユキ:阿部 敦、西村ハル:折笠富美子、寺岡フルイチ:立花慎之介、西村ミドリ:藤村 歩、竹原リュウゾウ:石塚運昇、竹原フサ:早水リサ、ナキアミ:三瓶由布子、紅皮伊舟:玉井夕海、アクシバ:小西克幸
音楽
大島ミチル
アニメーション制作
ボンズ
製作
ソニー・コンピュータエンタテインメント、アニプレックス、ボンズ

感想・レビュー(ネタバレあり)

絵が綺麗でOP・EDがスタイリッシュ、その見た目とは裏腹に作品のあり得ないほどのひどい出来にとにかく腹が立った。脚本はいたるところで破綻しているしキャラクターにも全く魅力が無い。ほとんどが悪態をつくのが当たり前という皮肉屋で、寝ている相手を足で小突いたり、上手くコミュニケーションが取れないと暴力を振るうだけ。そういう人物像を格好いいと勘違いしている制作者のセンスがダサい。ファンタジー設定は理屈も何も無いような雑な出来。「なんでそれをするとそうなるのか」という説明も何も無いまま、ただただ流れていく映像を見せられるだけ。物理バトルをしていたかと思ったら突然精神世界に入って説教して相手を諭したりして解決してしまう。そもそもそのキャラにそんな能力あったの?という視聴者の疑問もどこ吹く風。ザムドの変形のように物理法則を無視したような表現があちこちで使われているのでバトルにはスリルも何も無い。

主人公の両親のやり取りなどのどうでもいいクサい台本に時間を割かれてうんざり。こんな茶番を人間ドラマと評価されるとでも思っているのだろうか。ヒロインや主人公の友人、挙げ句の果てにはヒロインの幼い妹までなぜか巻き込まれて最前線に駆り出されるアホみたいな戦争。捨てキャラが居ない練り込まれた台本…なんて評価されるわけないだろ!少年向け作品なんだろうけれど、突然「処女」とか「抱けばいい」という性的な台詞が飛び出す汚い台本。

キャラクターの台詞の音量に対してSEや音楽の音量が大きくて余計にイライラさせられた。伊舟(いしゅう・玉井夕海)の声演技がひどくて浮いている。悪態をつきながら貧乏ゆすりをするのがこのキャラのアイコンらしいけれど、作品のひどい出来に貧乏ゆすりが止まらないのはこっちのほうだよ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です