バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

評価
★★★★☆ 4
公開
2014
製作国
アメリカ

作品概要

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督によるドラマ映画。

スタッフ・キャスト

公開
2014年
製作国
アメリカ
監督
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ジャコボーン、アーマンド・ボー、アレクサンダー・ディネラリス・Jr
製作
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、アーノン・ミルチャン、ジョン・レッシャー、ジェームズ・W・スコッチドープル
製作総指揮
クリストファー・ウッドロウ
出演者
マイケル・キートン、ザック・ガリフィアナキス、エドワード・ノートン、エマ・ストーン、エイミー・ライアン、ナオミ・ワッツ
音楽
アントニオ・サンチェズ
撮影
エマニュエル・ルベツキ
編集
ダグラス・クライス、スティーヴン・ミリオン

感想・レビュー(ネタバレあり)

ほぼ全編ワンカットのように見える映像でかつての人気映画俳優の演劇界での再起の物語を描く。映像の質感やジャズドラムによる音楽、長回しの映像に乗せられた台本などが感覚的には好みだ。劇中劇として引用されている原作小説レイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』は未読なので物語の全容が理解できない。台本の多くが映画制作や批評についてのメタネタ、つまり映画関係者の「楽屋落ち」であって、自分たちただの観客が疎外されている気分になる。観客は馬鹿げた動画の再生数を増やしたりする存在としてしか思われていないようだ。本作にアカデミー作品賞など多くの賞を与えた選考委員はあちら側の人間であるということを忘れてはいけない。また、主人公リーガンにより「芸術家になれない人間が批評家になる」という批評家批判のような台詞も多い。そのあとで俳優リーガンが批評家が書いたものを批評するというくだりが自虐的なギャグになっていて批評家の溜飲を下げている。なお、「バットマン」のマイケル・キートンなどのキャスティング、実名の俳優や有名人を台本に登場させるメタネタは観客にも楽しめる内容になっている。

長回しの映像は技術的には素晴らしいが、つい編集点を探ってしまって物語に集中できない。タイトル映像やジャズドラム音楽はなかなか良かったが、それらが過去の映画の模倣であるというレビュワーからの指摘もあるようだ。一部にクラシック音楽も使用されており、少し音楽の使い方がしつこいと感じるところもある。あまり賢そうに描かれていない主人公の娘サムが父親に大層な批評をぶつ台本には違和感を覚える。

ラストシーンになぜあれを挿入したのか意図が分からなくて好きではない。結局のところ主人公は死んだのかそうではないのか、死んだのならいつ死んだのかが分からなかった。死に向かっていく主人公のストーリーのラストがあのシーンでいいのか理解に苦しむ。もし実弾で撃ったのが主人公による妄想で、死をも恐れぬような迫真の演技により批評家に褒められるという落ちだったのなら自分には感動できたかも知れない。

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの作品一覧5

エマニュエル・ルベツキの作品一覧6